ポイントが貯まるだけじゃない?クレジットカードの便利でお得な活用法とは?

クレジットカードはポイントが貯まるだけではなく様々な特典を受けることができます。
イオン、セブンカードなど流通系のものは毎月「感謝デー」と称してポイント付与率が高くなるなどのサービスがあります。
ETCカード付きクレジットカードにしておくと、高速道路料金をよく利用する人はさらにポイントが貯まるのでお得になります。
AmericanExpress、DinersClub、JCBなどの国際ブランドでは海外や国内のホテルやレストラン、ショッピングで優遇が受けられます。
レクリエーション面で発行元が運営している特典は、カラオケやライブハウス、フィッシング、ボウリング、観劇や映画館などの各種レジャー施設の割引価格の利用があります。
片や、美容や医療面に力をいれているカードもあり健康、ダイエット、漢方相談、メンタルヘルスなどの専門相談などのサービスをうけられるものもあります。
ゴールドカードはクラッシックよりも高い付加価値が与えられているので一般会員には提供されないサービスが利用できます。
申し込みには勤務先の規模や経営状況など厳しい審査がありましたが最近では、よりグレードが高いカードが発行されるようになり基準が緩和されてきたようです。
対象会員ならではの特典があり、一例として専用デスクの利用、ホテルや航空券、劇場などのチケットの手配などがあります。
会費が不要になるものもありますが、これは一般会員の中から企業側が選出した人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、会員側からアクションを起こすことはできません。
更に一定金額以上の利用で年会費が0円になるものもあり、三菱東京UFJ銀行の三菱東京UFJ-VISAゴールドでは年間100万円の決済で適用されます。
日常生活の中でETCカード付きクレジットカードは欠かせないものになりましたが、オモテ面の右下に国際ブランドのロゴが印刷されているものばかり見かけます。
入手が困難なDinersClibもありますがVISAやMasterCard、JCBは一般人でも手軽に持つことができ国際的に使用することができる心強いアイテムです。
VISAは日本では堅実な企業と提携しておりテレビCMのおかげで知名度は抜群だと思います。
MasterCardも所有者が多く幅広い層から支持されており国内ではほとんどの施設で利用できます。
JCBは国内で利用できない店はほとんどありませんが海外旅行で日本人があまり行かない地方では使えないことが多いようです。
財布の中の現金が少ないときなどにキャッシュレスでも買い物できる物を持っていると便利です。
買い物に行った際の支払時に手持ちが足りないこともあると思います。
そんな時に、この1枚で支払いを済ませれば欲しい物を我慢することなく手に入れられます。
並びに、これは支払だけでなく海外でも利用できるキャッシング機能があるので現金が急に必要な場合はこれを使って提携コンビニ・銀行のATMから引き出せます。